CURURUが不便と思った(外部の人コメント付けれないし)ので こっちに移住しました。

2018/01123456789101112131415161718192021222324252627282018/03

面白かったけど、ゴジラ出なくてよくないかい?という感想

まあ、SFで専門的な用語が飛び交い混乱する中「ゴジラ」に関しては何があっても「うん、ゴジラだし」で説明不要なのが

今回の映画での利点かな?

ゴシラでなくてほかの怪獣映画なら「生物学的におかしいだろ!」と言いたいところでもさっき書いたように「ゴジラだもんな」

で終わるから人間側のメカの考察に専念できる

以下ネタバレ?
[ゴジラ怪獣惑星]の続きはこちら
うん、面白かったけど今一

アクションはよかったんだけどカット割り多すぎね?と思った次第

ラストもなあ、あのなし崩し的な終わりはもやもやしてしょうがない

インド映画知らないけどもっと踊るのかと思ってましたよ

吹き替え版見てきたんだけど、年齢考えたらしょうがないけど記憶の中の声より低くなっていたので

微妙な違和感があってしょうがなかった。

あの後、ダイアのなったのか心配である。

YOUTUBEでもレンタルできるのか、便利な世の中になったなあ
見てきました。

該当部分の漫画を読んで予習して挑みましたよ。

感想としては「基本的には原作どおりだね」という事

原作をうまくなぞってましたね

役者も原作意識した芝居してたし

二章は「吉良」登場だろうな、「唐辛子」期待してたのに

という事は、「負けて死ね」発動で2章終わって3章でラストまでかな?


[ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章]の続きはこちら
シンゴジラ3回目観賞

さすがに3回目となると冷静に分析しながら見れましたけど

追いつかないね。

早くDVDで観たいわ、一時停止して検証サイト観て確認して、一時停止解除

「スーサイドスクワッド」「シンゴジラ」をららぽーと富士見で見てきました。

スーサイドスクワッドは、半分残念、主人公クラスの悪役を詳しく知っていればよかったのかな・・・・
あんまり「元?悪役!」って感じが出てなくてさ。
見かけは怖いが気のよい集団って感じだったよ
MX4Dで見たんだけど格闘のアクション向けじゃないことがわかった。
主人公が殴られても、敵が殴られてもシートの同じところがボコボコ動くので感情移入がしずらかった
銃撃戦は空気が顔に「シュ!シュ!」って銃の発射にあわせて吹きかけられるのでよかったです

そしてスーサイドのあとは「シンゴジラ(2回目)」を観賞。
こっちはMX4D正解!ゴジラの足音にあわせてシートも「ゴン!」と動くし
ヘリが飛んだらお知りにプロペラの振動、満員電車のシーンでシートがボコボコ動いたときには、「あるわー、この感触、満員電車だわー」と納得したよ。
そして、この映画はやっぱり細かいカット割り、早い台詞回し、難しい単語、字幕、そして舞台を内閣のみにしぼって表現することにより
脳内を刺激して「俺頭いい」と思わせて脳内麻薬をドバドバ出させてるんだよ。

リアルに描いたところはとことんリアルに表現してるから、変な(故意的?)ミスには専門家たちがいちゃもんつけるし
「避難民」「国会」「天皇家」いろいろなスピンオフが作れそうだよね

早く「シンゴジラ」DVDで観たい、いろんなサイトのいろんろな解釈を早送り、巻き戻しを駆使して検証したいよ。
最近見たけど感想も何にも書いてないので書いてみる
記憶が薄れてるので一言だけ

・バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生
 アーマドバットマンがかっこいい
 一番の見せ場が(バットマンとスーパーマンの戦い)が夜の雨の中、しかも両者の衣装が黒いので見にくい!
 面白いけどね


・シビルウォー
 上記映画と同じ「持ちすぎた力に対する責任」をテーマにした内容
 こっちは戦闘シーンは明るいしカラフルだしで見やすいわかりやすい


・仮面ライダー1号
 仮面ライダーというより「藤岡弘、の説法」映画
 

・変態仮面「アブノーマルクライシス」
 こっちは頭空っぽにして観れる映画
 「スパイダーマン」へのオマージュが見え隠れする映画
 
最終日にすべり込みで見れた良かったあ。

見に行く前は「B級狙いだからなあ」「疲れてるからなあ」と見に行くか悩んだけど見に行ってよかった。

完全に娯楽、A級映画を狙ったけどB級でした的な映画ではなく
製作者も出演者も「開き直ってB級作るから、好き勝手にやってやる」的な空気が良い方向に動いたと思います。

怪獣のデザイン、自衛隊の戦車部隊 完全に昭和の香りがプンプンしてニヤつくし
いつの間にか「怪獣を守れ」と出てくる環境保護団体にイラつき、怪獣と会話しようとして食べられる団体員にスカッとし
「大変だけどスカッとした」という自衛隊に心の中でサムズアップb

飯伏も見事に演技してたなあ、DDTでマイクでラストを締めるのが嫌で逃げ回ってたのが懐かしい
怪獣との格闘シーンはさすがに「ヨシヒコ」と何度も戦っただけに慣れてたねえ
蹴りが完全にアクションの蹴りじゃなくて格闘に蹴りだったのは面白かった化ぢ引いたw

引いたといえば「鈴木みのる」すごかったなあ、立ってるだけなのに空気感だけで怖さを出してたからなあ


今季の映画館、記憶が正しければ「ジョジョ1部」と同じ映画館だったなあ(スクリーンは違うと思う)
そして60人入りのスクリーンで7~8割埋まっていたのには驚いた。

パンフレット売り切れ残念
今回前情報をほとんどなしに見に行ったのですよ

あれは完全に監督の趣味映画でしたね。
ゴジラを作るという名目で金をかき集めやりたい放題

そしてEVA同様、頭使って脳内補完して保管内容をみんなに話したくなる内容

それでつまらないかといえば面白い

ただ、今までのような「怪獣バトル」的な面白さじゃなくて
「政治劇(シミュレーション)」的な面白さなので万人向けじゃない

主要人物に普通なら1組は出てきそうな一般避難民がいなくて全員政治家

ゴジラも最初出てきたときは「なんじゃこりゃ!!、あ、こいつが暴れてゴジラかほかの怪獣出てきた出てきて食べられるのかな?」
と思っていたけど全然違ったしw

ビームもラストも「巨○兵」だったしなあ


ネットの動画配信でレンタルが出来るなんて便利な世の中になったものだ。

ファイヤーブラスターの吹替が「神谷明」さんと聞いてレンタル
(一度間違って字幕版をポチったのは痛かった)

キン肉マン系のダミ声で来るのは予想済みだったけどダミ加減がうまくてはまってたなあ

そして今回見なおしたおかげで映画館(字幕3D)で見た時には気が付かなかったファイヤーブラスターが

イカサマした瞬間が確認できてよかったよ
(なぜ気が付かなかったのか不思議なほどバッチリ表現してたのに)

やっぱり吹き替えのほうがいいなあ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...