FC2ブログ
CURURUが不便と思った(外部の人コメント付けれないし)ので こっちに移住しました。

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

5/23 曇り夜大雨(ずぶ濡れ)
「大秦帝国」“1・2一気観せ”に参加してきました。
休憩入れて約10時間・・・疲れた・・・・
行きは大江戸線乗り継ぎ失敗して余裕持って出たはずが豪快に遅刻するし

映画の内容は「始皇帝のお父さん」の話(三國志の直前当たりですね)
前半はその話なのですが、中盤からは秦の起訴を作った立て役者「商鞅」の話です。

そっか前回参加したのは「1の前半」だったのか、通りで中途半端に終わるわけだ・・・・
(しっかりエンドロールでてましたが)

今回の主人公「商鞅」は秦の法律を作りそれを守らせることによって平等をとき
奴隷制度、貴族制度を廃止した素晴らしい人です。
近代国家の元を作ったような人です。

最後には貴族によって策略にはめられて死んじゃうのですが、この人はスゴイ
法律作って、それを破ったら貴族も王族も容赦なく罰しくてゆく
君主から恩赦で無罪にしたいと言っても、君主の兄でも区別無しです。
衝突しつつも、「商鞅」の意見を認める君主様もすごい
自分だったらどっちでも胃潰瘍であっさり倒れちゃいそうです
裁判員やりたくない所じゃないですもん。

この映画を見るには歴史を少し勉強してから行くと良いでしょう
主人公の二人は長々と説明がありますが、準主役からは説明がないので
「何時の間に結婚した!」「何時からいたオマエ!」と混乱してゆきます。

主人公を1人に絞るとかエピソード減らせば間延びしない映画なんて考えるのは
ハリウッドに毒されてるのかもしれません

この映画で囲碁も戦争をイメージしたゲームなんだと知らされました。
中華歴史ドラマ列伝 6月6日劇場公開 映画「大秦帝国」
株式会社エスピーオーファンブロガーサイトに参加中
関連記事
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gekkou75.blog12.fc2.com/tb.php/1520-5e267917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...